<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パトラス発アンコーナ行きフェリーで火災

ギリシャのパトラスからイタリアのアンコーナに向かうフェリー、ノーマン・アトランテイック号で28日未明に火災が発生し、悪天候のために救助作業が難航した。

アルバニア沿岸に近いコルフ島北西44海里の地点で救助要請があり、イタリア、ギリシャ、アルバニアの沿岸警備隊が協力して救助に当たったが、一時は乗員475名中約300名がまだ救助を待っている状態だった。夜通し救助作業が行われ、29日朝の時点では149名が甲板上で救助を待っていたが、29 日昼までに391名が救助され、午後には甲板に残っていた全員が救助された。死者は10名、40名が行方不明のままだ。

使用船こそ違うが、ANEK Lines のこの航路は、2010年春に東欧を縦断してクレタ島まで行った復路パトラスからアンコーナまで利用したものだった。

a0103325_12054723.jpg
(地図画像:wikipediaから)

以下、Reutersの記事の引用:

(Reuters) - Italian and Greek helicopter crews worked into the night to airlift passengers off a burning ferry adrift in the Adriatic Sea, battling darkness and bad weather that hampered rescue efforts by other ships throughout Sunday.

Helicopters were plucking passengers off the Italian-flagged Norman Atlantic and transferring them to a nearby vessel, after a dramatic day that began when a fire broke out on its lower deck in the early hours.

Authorities said one Greek man had died and there were reports of four injured among 478 passengers and crew and as night fell. Italian authorities said 172 people were clear of the danger zone.

Greek Shipping Minister Miltiadis Varvitsiotis said the fire now appeared to be partly under control and said the ship would be towed to Italy after an official said it would go to an Albanian port. Italian officials said it would probably be taken to either Brindisi or Otranto on the southern coast once towing cables could be securely attached.

The airlifts would continue while the boat was being towed towards port, and rescue workers would try to get closer by boat to bring people off if conditions allowed, he said.

"It will be a very difficult night and I hope that everything will go well and we will rescue all passengers and all crew members," Varvitsiotis told reporters.

The Italian navy said two Italian airforce helicopters, one Greek Superpuma helicopter and an Italian plane were taking part in the rescue, winching up passengers in small groups. Other aircraft and 10 ships were also taking part in the operation in support roles.

Earlier, Greek coastguard spokesman Nikos Lagkadianos said the heavy rain that was hampering the rescue had helped contain the fire although the ship was still burning.

Terrified passengers told how they had to move higher and higher in the ship to escape the flames.

"We went to the deck where there were life boats, but at some point we felt the floor burning and we went higher up to the heliport," Rania Fireou told Greek television by phone before the airlifts began.

"There are many children and elderly people aboard," she said. "We have gathered all together and we are trying to warm ourselves."

COMPLICATED RESCUE

Varvitsiotis said the bad weather, with winds of up to 55 mph (88 kph) earlier, made the operation one of the most complex Greek authorities had been involved in and vowed that no one would be left behind.

Coastguard officials said the Norman Atlantic, which was also carrying more than 200 vehicles, was 44 nautical miles northwest of the island of Corfu when it radioed for help. It had been traveling from Patras in western Greece to the Italian city of Ancona.

Command of the operation was transferred to Italy after winds took the helpless vessel out of Greek waters but officials were coordinating closely and an Albanian coastguard vessel was also taking part.

A coastguard official said nearby passenger and container ships had attempted to form a ring around the burning vessel to try to form a windbreak to allow small rescue boats to approach.

Officials said most of the passengers were Greek but the passenger list included names from several other countries including Germany, Italy, Austria, Turkey, France and the Netherlands. Many appeared to be truck drivers.

The fire broke out in the lower deck garage of the vessel but there were differing accounts of when it started. Initial reports said the fire began at around 6.00 a.m. (0400 GMT) but Italian officials put the time at 4.30 a.m.

The Norman Atlantic is a 26,900-tonne, roll-on roll-off ferry chartered by Greek ferry company ANEK. According to marine traffic data, it was built in 2009 and previously operated in Italy. ANEK said in a statement it was cooperating with rescue authorities.

(Additional reporting by Angeliki Koutantou, Alkis Konstantinidis, Lefteris Papadimas and Benet Koleka in Vlore and Gavin Jones in Rome; Writing by James Mackenzie; Editing by Alison Williams)


[PR]
by K1200RS99 | 2014-12-29 07:10 | Greece

本日のルーブル交換レート

本日のルーブルの為替交換レートは1ロシアルーブル=約2円(1.98626374) 円だった。

大震災前年に帰国した時のレートが1ロシアルーブル=約3円だった。もし自分が来夏最後のサハリン航路を使ってシベリア再横断しようとしていたなら、きっと自由になる現金をルーブルに換金していたことだろう。

同じようなことを言って、ドイツ再統一直後にマルクを買って損をした人がいたが、もっと下がるということがあるのかもしれない。先が見えないのが為替レートの怖さだ。
[PR]
by K1200RS99 | 2014-12-19 22:08 | Russia

二輪車へのABS/CBSの装備義務付け

国土交通省の車両安全対策検討会が、2018年から新型二輪車へのABS/CBS装備を義務付けることを決定した。法改正は2015年の予定。CBS装備が義務付けられるのは2種原付のみ。継続生産車には2021年から適用される。

安全性が向上することでシニアをはじめとして二輪を敬遠していた人たちがユーザーとなるメリットがある。個人的には大歓迎だが、他方、新車価格自体が上がって若者の自動二輪離れがますます進む可能性もある。

以下、国土交通省ウェブPDF資料から転載

安全資料4-5

平成26年度 第2回車両安全対策検討会
平成26年11月7日

二輪車へのアンチロックブレーキシステム(ABS)/コンバインドブレーキシステム(CBS)の装備義務付け」

適用範囲
二輪自動車(側車付二輪自動車を除く)及び第二種原動機付自転車
※トライアル二輪自動車等を除く。

改正概要
○ 二輪自動車には、「二輪車等の制動装置に係る協定規則(第78号)」の技術的要件に適合するアンチロックブレーキシステム(ABS) を備えなければならないこととする。
○ 第二種原動機付自転車には、「二輪車等の制動装置に係る協定規則(第78号)」の技術的要件に適合するアンチロックブレーキシステム(ABS)又はコンバインドブレーキシステム(CBS)を備えなければならないこととする。

(装置の定義)

アンチロックブレーキシステム(ABS):走行中の車両の制動に著しい支障を及ぼす車輪の回転運動の停止を有効に防止することができる装置。

コンバインドブレーキシステム(CBS):複数の車輪の制動装置を単一の操作装置によって作動させることができる装置。

a0103325_6533615.jpg
二輪車のABS/CBSのイメージ(左:ABS、右:CBS)

(注意事項)

アンチロックブレーキシステム(ABS)は、緊急時に強いブレーキを掛ける際や濡れて滑りやすくなっている路面でのブレーキの際等に車輪のロックを防止することで、運転者が転倒を恐れずに最適なブレーキを掛けることができるシステム。

また、コンバインドブレーキシステム(CBS)は、前後輪のブレーキを連動させることで、運転者のブレーキ操作力の前後配分が不十分であった場合等でも適切な制動力が得られるシステム。

いずれのシステムも、運転を支援するための装置であり、ブレーキそのものの性能を向上させたり、あらゆる状況の下で有効に機能するものではなく、機能にも限界があるため、システムを過信することなく、運転者自身による安全運転を心掛ける必要あり。

改正時期
平成27年1月(予定)

適用時期
新型車:平成30年10月1日以降(予定)
継続生産車:平成33年10月1日以降(予定)

<↓バナーをクリック!ブログランキングが分かります>
にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(海外ドライブ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村
[PR]
by K1200RS99 | 2014-12-03 06:37 | 整備

2015年を最後にサハリン航路撤退へ

サハリン航路存続のために、稚内市が、2015年9月に新会社設立をめざしていることが判明した。2015.7記】

サハリン航路存続のために、稚内市が、民間企業から3億円の資金を集めて、約4億でハートランドフェリーからアインズを取得し、第三セクター方式で運営する新会社を新年度を目処に設立することになった。2015.10.4追記】

読売新聞の取材によると、ハートランドフェリーが経営改善のため、赤字であり、稚内市から現在助成金を得て運行している稚内とコルサコフを結ぶサハリン航路を2015年夏を最後に廃止することを役員会で決定したという。

存続を求める稚内市は北海道と協議中ということだが、もし廃止されると、新日本海フェリーに続くロシア航路撤退となり、シベリア横断をするためには、費用がよりかかる韓国経由のフェリーを使うしかなくなることになる。

以下、読売新聞のウェブより転載:

サハリン航路撤退へ…ハートランドフェリー


 北海道の稚内港とロシア・サハリンのコルサコフ港を結ぶ「サハリン航路」を運航するフェリー運航会社「ハートランドフェリー」(札幌市)の蔦井孝典社長は25日、読売新聞の取材に対し、2015年度を最後に同航路から撤退する方針を明らかにした。

 蔦井社長によると、これまでも10年に撤退を検討したことがあったが、稚内市が15年度まで補助金支給額を年間の上限額として5000万円に引き上げた。このため、15年までは運航することが決定したが、赤字経営の改革には撤退が必要と判断。昨年9月の役員会で確認されたという。

 同社は利尻や礼文など離島への航路も運航しており、蔦井社長は「離島への観光客は年々減少している。離島航路を維持するためにはサハリン航路からの撤退はやむを得ない」と理由を述べた。

 一方、支援を続けている稚内市の工藤広市長は「航路の存続に向け、道とも協議しながら引き続き取り組んでいきたい」と話した。

 同社は1999年にサハリン航路を就航。日本企業がサハリン北部の石油・天然ガス開発プロジェクトに参入したことで旅客は06年度に6681人、貨物は05年度に7025トンに達した。しかし、このピークから一転、プロジェクトが一段落すると、旅客、貨物ともに減少を続け、6月2日から今月24日まで行われた14年度の運航は旅客が4438人(速報値)で06年度比34%減、貨物は906トン(同)で05年度比87%減となっている。

201409270900




[PR]
by K1200RS99 | 2014-12-03 05:56 | Russia